.
MTST-3 / 2012.8.11
-HACHISUKE- FM TUNES MEMORIAL
HACHISUKE
01. 『スターフォース』STAGE BGM
02. 『迷宮組曲』城外BGM~井戸BGM
03. 『高橋名人の冒険島』STAGE BGM
04. 『ガンヘッド』AREA-1 BGM
05. 『桃太郎活劇』寝太郎の村
06. 『ファザナドゥ』フィールドBGM
07. 『カトちゃんケンちゃん』STAGE 1
08. 『スターソルジャー』MEDLEY
09. 『チャレンジャー』SCENE 2
10. 『桃太郎活劇』カチカチ山
11. 『THE 功夫』STAGE BGM
12. 『ダンジョンエクスプローラー』DUNGEON 8
13. 『新人類』STAGE1-1 BGM
14. 『忍者ハットリくん』MAIN BGM
15. 『ヘクター'87』HISTORY 1
16. 『ボンバーキング』ボンバーキングのテーマ
17. SECRET

Digest>
ニコニコ動画 link

伝説のメーカーよ永遠に……。
FM音源アレンジアルバム第3弾は、PCエンジンを中心にしたハドソン楽曲集!
聞けば蘇る名場面の数々、歴史に名を残す名作たちの共演をお楽しみ下さい。

Arranged by 辰巳・らつきち・NAV・たけま・HGM・WATA☆MIN・バンビ・ナベ太・suke
.
MTST-2 / 2011.12.31
FCDS FM TUNES
SG-FM UNIT
01. 『ディスクシステム』ディスクシステムのテーマ
02. 『ゼルダの伝説』地上BGM
03. 『謎の村雨城』城外MAP
04. 『ZANAC』BGM 1
05. 『ファミコングランプリF1レース』マシンセレクト
06. 『ナイトムーブ』TRAIN
07. 『GOLF USコース』オープニング
08. 『ふぁみこん昔話 新・鬼ヶ島』第七章 ~しのはら~
09. 『アップルタウン物語』オープニング
10. 『ディスクライター』DEMO BGM メドレー
11. 『バイオミラクル ぼくってウパ』A Rattle Samba
12. 『リンクの冒険』神殿
13. 『迷宮寺院ダババ』BGM 1
14. 『光神話 パルテナの鏡』タイトルBGM
15. 『メトロイド』エンディング
16. 『悪魔城ドラキュラ』Wicked Child
17. 『ファミコン探偵倶楽部 PARTⅡ うしろに立つ少女』スタッフロール
18. 『エキサイティング・ビリヤード』メドレー

Digest>
ニコニコ動画 link

祝! ファミコンディスクシステム25周年!
FM音源を駆使した全18曲のオムニバスアレンジアルバムです。
目玉は『エキサイティング・ビリヤード』のほぼ全曲メドレー!

Arranged by 辰巳・えりお・らつきち・NAV・たけま・HGM・WATA☆MIN・バンビ・ナベ太・suke
.
MTSA-3 / 2011.8.13
North Wind
North Wind
01. ブラックジャック
02. コロポックリ(すすきの人生)
03. 真紀子(摩周湖)
04. 追跡(終盤 ばしょいどう 紋別~,Etc.)
05. 芸者(菊奴)
06. めぐみ
07. 炭坑(夕張)
08. 真紀子さん救出
09. 真相
10. ファイティング シュンスケ
11. エンディングテーマ~新たなる旅立ち

Digest>
ニコニコ動画 link

前作「North Blue」に続く『オホーツクに消ゆ』アレンジアルバム後編、完結編!
演歌、ポップス、オーケストラと様々なアレンジでお送りします。
シンプルなジャケットの裏側は豊富なネタで読み物としても楽しめる……かも!?
Arranged by AMTR / Directed by Gunzy
.
MTST-1 / 2010.12.31
SG-FM UNIT
SG-FM UNIT
01. スペースハリアー / メインテーマ
02. 電脳戦機バーチャロン / EARTH LIGHT
03. ギャラクシーフォース / DEFEAT
04. ザ・スーパー忍 / MY LOVER
05. バーチャレーシング デラックス /REPLAY
06. Kunoichi~忍~ / Stage 2
07. ターボアウトラン / RUSH A DIFFICULTY
08. ニュールーマニア ポロリ青春 / ハロハロナリヤンス音頭

Digest>
ニコニコ動画 link

MTS初、計8人のアレンジャーによるオムニバスアルバム!
7人のゲスト+MTSメンバーによる全8曲のアルバムは、歴代のセガサウンドをFM音源を使ってアレンジしたコンセプトCD。

Arranged by 辰巳・えりお・らつきち・NAV・たけま・HGM・WATA☆MIN・バンビ
.
MTSA-2 / 2010.8.14
North Blue
North Blue
01 タイトル
02 ネームエントリー
03 晴海埠頭
04 繁華街
05 ルブラン
06 始まり
07 北の出逢い
08 グッドラック
09 オホーツクに消ゆ
10 捜査第2部終了

Digest>
ニコニコ動画 link

説明無用の名曲揃い! 「オホーツクに消ゆ」アレンジアルバム第1弾!
今回は第2部終了までの全10曲を収録。第2弾はC80にて頒布スタート!
Arranged by AMTR / Directed by Gunzy
.
MTSC-12 / 2010.5.5
Melodies -RPG Piano Collection-
Melodies
01.「Ys」Ys Opening
02.「聖剣伝説-ファイナルファンタジー外伝-」Rising Sun
03.「幻想水滸伝Ⅱ」回想
04.「天地創造」光と闇
05.「XANADU scenarioⅡ」Feel at Ease
06.「アクトレイザー」捧げ物
07.「クロノトリガー」時の回廊
08.「ファイアーエムブレム 紋章の謎」メインテーマ
09.「伝説のオウガバトル」いけいけマーチ
10.「ゼノギアス」夢の卵の孵るところ

Digest>
ニコニコ動画 link

いつものMTS節(?)とはまた違った、美しいメロディとシンプルなアレンジで、癒しの空間(!?)を演出。
名作RPGの中から厳選された10曲をピアノアレンジでお届けします。
このアルバムだからこそ出来た選曲をお楽しみください。
Arranged by WATA☆MIN / Directed by Gunzy
.
MTSA-1 / 2009.12.30
Sound in Labyrinth-The World of Wizardry-
Sound in Labyrinth-The World of Wizardry-
01. Opening
02. Castle
03. Gilgamesh's Tavern
04. Adventurer's Inn
05. Boltac's Trading Post
06. Temple of Cant
07. Edge of Town
08. Dungeon
09. Camp
10. Fight
11. Exterminated
12. Werdna
13. Complete

Digest>
YouTube link

ニコニコ動画 link

故・羽田健太郎氏が全楽曲を手掛けた、ファミコンソフトの名作「ウィザードリィ」。
そのアレンジアルバムとして1987年にリリースされた名盤「We Love Wizardry」の楽曲全13曲をフルオーケストラにリアレンジ!
より味わい深く表現を増したサウンドを堪能してください!
Arranged by AMTR / Directed by Gunzy
.
MTSC-11 / 2009.8.15
Folktale Recollection -FINAL FANTASY-
Folktale Recollection -FINAL FANTASY-

ファイナルファンタジー、ケルトサウンドアルバム! 前回の『XII』を経て原点回帰。
『FINAL FANTASY』シリーズから、『IV』と『V』をクローズアップした全9曲を収録。
民族楽器をフルに活かしたMTSアレンジの新境地です!
Arranged by WATA☆MIN / Directed by Gunzy
.
MTSC-10 / 2008.12.29
Sign -shooting game tracks+-
Sign -shooting game tracks+-
01. Sign of the Time※ (Instrumental)
02. 斑鳩 (理想-Ideal-)
03. 真冬の雨
04. R-TYPE Ⅰ (Mystery Stardust)
05. Got a feelin'
06. El rio de los suenos※ (Instrumental)
07. DARIUS (CAPTAIN NEO)
08. THUNDER FORCE Ⅴ (Legendary Wings)
09. 明日はもうすぐ

※ MTSオリジナルトラック

MTSの新たなる挑戦!
極熱サウンドで送る新旧織り交ぜたシューティングゲームの名曲に
オリジナルのボーカル3曲とインスト2曲を加えた全9曲!
Arranged by JEET SINGH & WATAMIN / Vocal 藤咲ちま / Directed by Gunzy
.
MTSC-9 / 2008.8.16
jam jam junction “n”
jam jam junction “n”

MTS12枚目のアルバムは初のボーカルトラックも収録したナムコアレンジアルバムです。
80年代の名作を中心にMTSらしく“もっとかっこよく”“もっと熱く”
アレンジした全8曲のスペシャルアルバム!
Arranged by JEET SINGH / Vocal 藤咲ちま / Directed by Gunzy
.
MTSC-8 / 2007.12.31
Energy Force / GRADIUS & SALAMANDER
Energy Force

約1年ぶりとなる新作は、シューティングゲームの金字塔「グラディウス」と「沙羅曼蛇」から、主要曲13曲をピックアップしてアレンジした、ベストと言っても過言ではないアルバムです。
MTSの原点に立ち返りギター色を強め、アルバムとしてのバランスを踏まえてちょっと意外なジャンルでアレンジした曲を散りばめました。
10秒前後の短い曲をひとつの曲として聞けるようにアレンジする作業は想像以上に困難でしたが、気に入ってもらえたら嬉しいです。
Arranged by JEET SINGH / Directed by Gunzy
.
MTSC-7 / 2006.12.31
Bit Master Style: FC
Bit Master Style: FC

ひとつのゲームでアルバムを1枚作ることが多いMTSですが(Shooting Battle Arenaを除いて)、このアルバムでは「ファミコン」というカテゴリの中から10タイトルを選んで、その中でも特徴的な曲をアレンジしてみました。
こういう形でしか選ばないであろう曲も収録できて制作は楽しかったですが、時間的にあまり余裕がなかったのでちょっと心残りなところもあります。
『Bit Master』という名前はシリーズタイトルとして付けてみました。
今後、第2弾などもできたらいいな…と思っていますので、リクエストなどありましたらお聞かせください。
Arranged by JEET SINGH + WATAMIN / Directed by Gunzy
.
MTSC-6 / 2006.12.31
Over the Sky / FINAL FANTASY XII
Over the Sky

ちょっとした会話の中で出ただけでまさか本当にやるとは思っていなかった「FF12」。
原曲はオーケストラを中心にしたBGMで、ゲーム音楽というよりも映画音楽にかなり近い作り方になっています。
原曲を活かすことをアレンジの基本にしてはいますが、このタイトルについてはメロディーがない部分も多く、アレンジというよりも足りないメロディーを作るといういつも以上に手間のかかった作品となりました。
Arranged by JEET SINGH / Directed by Gunzy
.
MTSC-4 / 2006.4.29
The Last Testament / Romancing Sa・Ga
The Last Testament

名曲の宝庫「サガ」シリーズから、SFC『ロマンシング サ・ガ』3作品をピックアップ。
原曲は、言わずと知れた伊藤賢治氏の作曲です。自分たちを含めファンの多いゲームなので、タイトルを決めたときは今まで以上のプレッシャーを感じつつ制作を始めました。
今回のテーマは、とにかく「いつもよりギターを多め」にすること。ギターは単に楽器として弾くだけでなく、弦楽器としての特徴を考え様々な音色を出すため試行錯誤しています。
9曲目の「ジャングル」で使われた効果音はすべてギターによるものです。
また、10曲目「バトル2」では、初めてフラメンコギターにチャレンジしています。
残念ながら本物のフラメンコギターではありませんが、通常のフォークギターで色々な技法で演奏した意欲作です。
その他にも今までのアルバムでは使っていない機材やテクニックなどを駆使していますので、聞き覚えのある曲がどんなアレンジになっているか楽しんでいただければと思います。
選曲は、馴染みの深いバトル曲とキャラクターテーマ曲などを混ぜてバラエティ感を出しました。
バトルの曲が際立っている『ロマサガ』ですが、それ以外にも印象的な曲が数多くあります。
このアルバムで新たな発見などがあったりすると嬉しいです。
アルバムタイトルの「Testament」には「聖書」という意味があります。
「Last」が意味するものは、最後なのか最低なのか究極なのか…是非、このCDを聞いて確かめてみてください。
Arranged by JEET SINGH / Supervised by Gunzy
.
MTSC-3 / 2005.12.30
DRAGON SPIRIT~Lead into Genesis~
Lead into Genesis

アーケードゲームのシューティングとしてはグラフィックも音楽も非常に完成度が高かった『ドラゴンスピリット』の全ステージをアレンジしたアルバムです。
「ロマンティックシューティング」というキャッチコピーでストーリー的にも作りこまれていて先のステージを見るのが楽しみでしたが、難易度も高くなかなか先に進めなかった記憶があります。
原曲もステージごとにかなり個性的なサウンドを、ギターサウンドあり、トランスあり、とMTSが今まで(と言っても2年弱ですが)培ってきた経験をすべて注ぎ込み、2005年11月の時点での集大成な仕上がりになりました。
音楽自体は、前半ステージの盛り上がり、後半に行くに従ってスローになる…という流れのため、アレンジの方向性にかなり苦戦しましたが、純粋に原曲を膨らませる形で落ち着かせました。
Arranged by JEET SINGH / Supervised by Gunzy
.
MTSC-2 / 2005.11.23
ファミコン探偵倶楽部 トワイライトシンフォニー
トワイライトシンフォニー
「ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者」
01. オープニング
02. 聞き込み
03. 空木事務所
04. 伝説
05. 思い出~真実


「ファミコン探偵倶楽部PARTII うしろに立つ少女」
06. 捜査
07. オープニング「うしろに立つ少女」
08. 悲しみ
09. スタッフロール

「ZELDA Triforce Trilogy」と同時にリリースをした、ファミコンディスクシステムの名作アドベンチャー「ファミコン探偵倶楽部」のアルバムです。
当初、2作品から全曲をと考えていましたが、意外と似たような曲が多かったり、アレンジしてもかっこよくなりそうになかったり…という試行錯誤があり、厳選した9曲を収録することになりました。
生っぽさを意識し、クラシックな感じを強く押し出したMTSとしては異色の作品です。
このアルバムでは、メインでアレンジを担当しているJEET SINGHに変わり、新顔のWATAMINが制作に参加。
ファミコンミニで改めてゲームをプレイしたら行き詰ってアルバムの制作が遅れるという笑えない話もありました(笑)。
Arranged by WATAMIN / Supervised by Gunzy
.
MTSC-1/ 2005.11.23
ZELDA Triforce Trilogy
Triforce Trilogy

「ZELDA Triforce Trilogy」、英語表記にすると若干わかりにくいかもしれませんが、「ゼルダの伝説」初期3作(ゼルダの伝説・リンクの冒険・神々のトライフォース)から選曲しました。
公式でトリロジー(=3部作)という言い方をしているわけではありませんが、トライフォースはゼルダの物語を語るに外せない象徴で、その後リリースされたものとは一線を画すものだと思いちょっとこじつけでアルバム名に使いました。
このアルバムではアレンジするゲームのタイトルを考えるより前に、もっと幅の広い曲の展開ができるゲーム音楽はないだろうか、というアプローチから入って、行き着いたところがゼルダになったという感じです。
おかげさまで、民族音楽を取り入れてみたりオーケストラを意識したりと今までとかなり雰囲気の違うものに仕上がったと思いますがいかがでしょうか。
ちなみに1曲目のノイズはいわゆるレコードノイズと呼ばれる類のものですが、最近はレコードを知る人も少なくなったので驚かれた方もいるかもしれませんね。
ちょっと古めのサウンドをイメージしてもらおうと意図的に入れてみました。
Arranged by JEET SINGH / Supervised by Gunzy
.
MTSR-3/ 2005.5.1
Shooting Battle Arena
Shootin Battle Arena

M3-15でリリース、新旧のシューティングゲーム音楽を集めたオムニバスアルバムです。
誰もが知っている曲からちょっと耳なじみの薄いステージ曲まで、出来るだけ原曲のメロディーを忠実にしつつ音楽ジャンルにはこだわらずアレンジしました。
今までの流れからMTSのイメージがギターメインのバンド系サウンドに偏りがちだったので、あえて打ち込みを中心にしたアレンジにしています。
打ち込みメインにすると極端にアレンジのパターンが広がるのでちょっと戸惑ったりもして。
「Shooting Battle」のタイトルは、むかし某社から出ていたCDから拝借しています。
「Arena」は闘技場の意。
まったく異なる10タイトルの曲がぶつかり合う舞台をお楽しみください。
企画当初は「01」という名前がついていてシリーズ化を考えていたのですが、普通に2作目という流れも面白くないのでいいネタが思いつくまでは保留です。
Arranged by JEET SINGH / Supervised by Gunzy
.
MTSR-2/ 2004.12.30
悪魔城ドラキュラ - Odi et amo-
Odi et amo

C67・コミックマーケット初参戦に望み悩みに悩んで出た答えは「王道」。
ゲームミュージックファンなら誰もが知っている(と勝手に思っている)ドラキュラサウンドをどこまで自分たちのモノにできるのかという壮大(?)なテーマで制作したアルバムです。
MTS結成当時のコンセプトのひとつである「バンドサウンド」をより強力に押し出しつつ、ストリングスなど前作の「F-ZERO」では使わなかった音源を盛り込み、数あるオフィシャルのアレンジにも負けないよう〆切ギリギリまで試行錯誤を繰り返して産まれたMTS的「ベスト オブ ドラキュラ」アルバムになりました。
サブタイトルの『Odi et amo』はドラキュラ発祥の地、ルーマニアの公用語の元となったラテン語から。意味は『我は憎み、そして愛する』。
ドラキュラ伯爵も美女の生き血を吸う人間の敵としてだけではなく、彼にしかわからない悲しみと苦悩があったのだと想像しています。
Arranged by JEET SINGH / BASS : boom_boom_yubari(Track03.Track07)
GUITAR : MAX90°(Track02.Track07) / Supervised by Gunzy
.
MTSR-1 / 2004.10.9
F-ZERO The Transmitter
The Transmitter

走り抜けるギターサウンド! SFC「F-ZERO」全曲アレンジ!!
MTS結成時から“やる”と決めていた「F-ZERO」が、そのまま実質デビュー作となりました。
当初は「ストレートなバンドサウンドで10曲程度」、という流れでアレンジするつもりが「なんとなく違う」という意見が出た結果、「血を吐きながらものすごいチャンネル数を必死でトラックダウンした全曲アレンジ」という、デビュー作にして遺作になりかねなかったいわく付きのアルバムです(笑)。
1枚のアルバムとして通して聞けるようにと、ギターを主軸にしつつ幅広いジャンルでアレンジをしています。
ハードの進化とともに音質もかなり向上しているシリーズですが、その“熱”は1作目が一番熱い、と思います。
Arranged by JETT SINGN / BASS : boom_boom_yubari(Track08)
GUITAR : MAX90°(Track08) / Supervised by Gunzy